転移しやすい乳癌は人間ドックで早期発見をしましょう

看護師

脱腸の治療

病気を発症させたときには、迷わず医療施設へ行きましょう。特に、脱腸の場合、激しい痛みを催すことがあるので体の異常に気づいたときには即診断を受けることが大切です。

病気を発見する

男性

年に一度は人間ドックを

乳癌などの病気は早期発見早期治療が第一です。これが病気を治す一番の方法なのです。健康でいつまでもいたいと願う人は多いです。しかしそうなれるとは限りません。急にどこかが痛み出すことや知らない間に病気が進行していることもあります。自覚症状が出たときには手遅れということもあります。そうならないためには人間ドックを受けることが大事です。四十歳になると人間ドックを受けることがすすめられています。企業などではもっと早くから受けるようにすすめているところもあります。しかし自覚症状がなく健康で暮らしていると、人間ドックはめんどくさく感じることでしょう。また気になることがあったとしても特に問題がなければ受けないことでしょう。

怖くていけない人は簡単な方法もある

しかし人間ドックはとても大事なものなのです。人間ドックを嫌がる人の多くは、検査がつらかったり怖かったりすることでしょう。注射が怖い、胃カメラがつらそうなど見た感じが嫌だということがあります。でも最近では怖い人やつらい人にあわせて、改良されている病院もあります。MRIなどくらい筒状に入ることが怖い人でもヘッドフォンをつけて音楽を聴くことで不安を解消できます。病気は怖い。でも検査は嫌だという人や自覚症状がないのに怖い思いをしたくないという人は、郵送でできる簡易検査もあります。専用のキットに少量に血を入れることで検査ができます。普通の血液検査からがんまで分かります。病気を早く見つけることができれば治る可能性が高くなります。治療も楽なので怖がらず受診してみましょう。そうすることによって乳癌などの転移がしやすい病気を早期で治療することができ、また転移などの悪化を防止する役目を果たすこともできるのです。

男性

薬の飲むタイミング

薬を服用する際は飲むタイミングなどをよく確認し、それぞれの薬によって決められたタイミングで薬を利用するようにしましょう。また利用するタイミングを間違えると、副作用などの症状を起こしてしまうので注しましょう。

婦人

受けておくと安心できる

乳がん検診を受けることに抵抗感を抱く人が多くなっています。しかし、受けておくと安心です。例えば、女性なら女医の居る婦人科や産婦人科を選ぶようにするといいかもしれません。内容は問診や触診、マンモグラフィーなどになります。